前へ
次へ

葬儀に必要なトータル費用を把握しておく

葬儀に必要となる大きな費用としては、葬儀本体の費用、寺院費用、接待飲食費などがあります。
忘れられていることが多い接待飲食費用もしっかりと考慮しておくことが重要であり、かなり大きな出費となってしまいます。
親族だけで葬儀を行う場合でも、料理を人数分用意するとなると、数十万円以上は必要となってきます。
規模が大きな告別式や通夜の場合には、その分大きな費用となり、会葬返礼品も大量に用意しておくことが必要で出費も大きくなってしまいます。
寺院費用には、読経料や戒名料があり、数十万円必要となることがあるので、事前に具体的な費用を調べておくことが重要です。
葬儀本体費用については、葬儀業者に見積もりを取ることができ、プランの内容や葬儀の規模に応じてかなり変わってくることになります。
生前に故人がどの程度の規模で行いたいと考えているか聞いておくと良いでしょう。
葬儀業者は、不明な点や質問などに丁寧に対応してくれるので、気軽に問い合わせてみることができます。

Page Top