前へ
次へ

お葬式参列の際の女性のメイクは控えめが基本に

毎月発行される女性誌のメイク特集は、流行のコスメでテク人を使ったあらゆるメイクを披露して得くれるので、それをお手本に女性は流行りのメイクを楽しみます。
普段のお出かけや遊びの時には派手なメイクもOKですが、場所や状況をわきまえる必要があるので、お葬式参列時のメイクは基本的に控えめです。
時代の流れで眉の太さやデザインにも違いはありますが、あまりにも活発な印象を与えてしまう、短すぎたり太すぎる眉は厳粛な空間に適さないため、眉毛は整える程度にします。
可愛い印象を与えたい傾向のある日本人女性は、顔のメイクの中でも特にメモ路メイクに力を入れるので、パッチリ目のアイメイクを派手にやりがちです。
アイシャドウにパールや光るキラキラした素材、パープルやグリーン系などは、お葬式にはふさわしくありません。
不自然に見えがちなつけまつ毛も、この日ばかりはお休みをします。
おだんごヘアなど高い位置で髪を縛るヘアスタイルをするのは、カジュアルな印象ですから、長い髪は下の方でスッキリまとめることです。

Page Top