前へ
次へ

喪服に合ったアクセサリーはどのようなものか

葬儀に参列する時にいつも迷うのがアクセサリーです。
私は社会人には必要と思い、真珠のネックレスとイヤリング、指輪を購入しました。
せっかく購入したものなので、葬儀に参列する時に使用したいのですが、3点すべてを使用しても良いかわかりません。
そこで、親戚の伯母に相談しました。
昔の日本の服装は和服なのでアクセサリーは使用しないことから、無理に身に着けなくても良いそうです。
葬儀の時は、遺族への配慮から華美にならずに控えめにすることが大切です。
真珠のネックレスは一連のものは良いのですが、二連は重なる事や華美に見えるので避けます。
ネックレスとイヤリングを両方つけると華美に見えるので両方は避けた方が良いそうです。
イヤリングも一粒のシンプルなもので、下がるタイプは好ましくありません。
金具も金より銀が良いです。
指輪は結婚指輪や婚約指輪は身に着けても構いませんが、その他はしない方が良いようです。
しかし、欧米では厳粛な儀式でノーアクセサリーは失礼という考え方があるので、しないと非難される恐れがあります。
地域により価値観が違うので、地域に住んでいる人の意見を参考にするのが一番だと思いました。

Page Top